渋峠 雪の回廊編

ゴールデンウィークに渋峠行ってきました。
よく飽きねーなw

天候不順で企画がじゃんじゃん流れているので、この渋峠は必ず行きたいところでしたが・・・

 

草津ルートまさかの通行止め

だーやまさんから1週間前にラインが届く・・・

草津白根山(湯釜)の火山噴火警戒レベル引上げに伴い、平成30年4月22日午前7時より通行止め
通行止め区間:殺生~万座三差路間

マジかよ!!
何とか他のルートがないだろうかとヤホー地図を見ていると・・
万座ハイウェイとやらを使えば何やら辿り着けそうな雰囲気!

 

公式にもちゃんと書いてました。
1時間くらい掛けて調べたのにw

 

やむなく選定した代替ルートですが実は優秀なのではないでしょうか!
・前回、心がポッキリ折れた万座温泉からの登り返しを最後に走らなくていい
・万座温泉まで高速を使うことによる移動時間の短縮
・通行止めの影響できっと車が少ない(であろう)

早速メンバーにルート(万座→渋峠→毛無峠)の提示すると。

ナリ さん
万座温泉からだと距離短めなのでいいルート考えておきます^^

ですよね!もちろん想定の範囲内の反応ですよ!
貧脚の自分ですらちょっと距離が短いかな。って思いましたもの。
ほんでこちらが出てきたルート。

オススメ① 獲得標高:2390m

オススメ② 獲得標高:2590m

(アカン、一周コースは走り切るしかないから絶対死ぬヤツや。)
当日はなんとしても一周ルートは絶対回避するマンになろうと心に決めました。

そしてついに3度目のチャレンジで毛無峠を制覇する時が来てしまったか!

 

万座温泉までまっしぐら

5:00に三芳SA(下り)でなかのさん、たがわさん、とっくんと待ち合わせ

なかのさん号はすでに到着していました。
フルサイズ一眼持参で来てくれたとっくんプロ撮影の1枚
いい1日を予感させる素敵な1ショットですw

ライドの写真が楽しみですな^^

みんなで腹ごしらえします。
今日も唐揚げのだーやまさん。これなら三芳SAから自走でもOKですね!!

最近のライドの話題になり

たがわ さん
昨日、気が付いたらシロクマパン行ってましたー!!

こちらがしろくまの軌跡 昨日も三芳SAの近くにいたんですねww

 

ドリンク等を買い込み出発!
関越→上信越道→鬼押ハイウェイ→万座ハイウェイのルートで万座温泉に向かいます。

草津温泉を目的地にする場合は、”渋川・伊香保IC”で降りて国道を延々と1時間半程走る必要がありますが、今回は渋峠の麓まで高速道路を使うためかなりの時間短縮が見込めます。

上信越道久しぶりに走った。

軽井沢あたりはまだ桜が咲いてました。

浅間山!いよいよグンマーです。

鬼押ハイウェイは開けた景色が気持ちよく走っていて楽しかったです。
車載遠征してよかったなー。と感じる瞬間。

そして1番楽しみにしていた万座ハイウェイ!
じゃらんの観光ガイドでもご覧の高評価
・大パノラマの連続です
・絶景ドライブ
・全米が泣いた

1050円徴収されるただの片側1車線の山道でした。。(感じ方には個人差があります)
できる限りのフォローをすると、万座ハイウェイ沿いに日帰り温泉や牧場がありますので観光であれば楽しめそうです。

 

いざ雪の回廊へ

万座温泉に到着し、チャチャっと準備。


この日のルート。
万座温泉→渋峠→万座温泉→毛無峠

もはやメインとなりつつある毛無峠は最後のお楽しみとしました。

やる気ジャージのだーやまさん。(ダンシングはほとんどしなかった模様)

 

いざ出発!まずは万座三差路へ

 

万座温泉→万座三差路への登り区間が今回のルートで最もキツい区間ですが、体力に余裕があるためあっさりクリア。

[Before](前回ライド時の写真)

[After] やばいクスリでもキメてるのでしょうかw
(ブログ書いてる本人も全く同じ様でした笑)

 

という訳でみんな元気に万座三差路に到着。ここから草津方面が通行止めとなっております。

 

せっかくなので記念撮影。

 

雪が残っているだけで景色が映えますね~

 

しかし残雪が少ない気もしつつ、もしかしたら雪壁ないんじゃねーの?と不安がよぎりました。

一眼レフ(3kg)持参ライドのとっくんとゆっくり写真を撮りつつ登りました。

と、いうわけで渋峠の絶景を楽しみたい方は是非こちらのブログをご覧ください^^
とっくんブログ

雪壁のところでみんなが待ってくれていました。
よかったー!雪壁残ってたー!!

 

通行止めの影響か他にロードバイクのグループも居なかったのでしばし記念撮影

例年よりは若干雪が少ないらしい。

 

そしていつもの石碑のところ。
とっくんのカメラを持たせてもらいその重さにビビる。

そしていっつもやってるやつ!

 

渋峠ホテルに到着
10:00に着いちゃった・・・

 

お向かいのスキー場が営業していました。
このあたりはGWでもスキーができるんですね。

半袖ジャージとスキーウェアの人が同じ空間にいるのが何か不思議でしたw

到達証明書をゲットしたりインディー君たちと戯れたり

 

まだまだ時間もあるので長野県側に往復してから昼食にすることにしました。
どこまで行くかあとは流れでって感じなのでヤホー地図を見つつ、目印になりそうな場所を探します。

ナリ さん
 湯田中温泉とかいいけど結構しんどかった気がする。

はい!絶対却下!! ナリさんのしんどい = 常人の遭難やからな。

ほど良さそうな「丸池ホテル」を目的地にして出発。

本来、下りは気持ちがいいのですがこのあとすぐに上り坂になって自分に襲い掛かってくると思うと楽しめませんw

ガーミンの斜度計をガン見しつつ3kmほど下ったところで命の危険を感じ引き返すことに。
これ以上進むとあとで間違いなく登山するハメになる・・・

ビーチパラソルがリゾート感を演出するホテル ラ・フォーレ志賀で休憩。

同じく命の危険を感じたとっくんとアイスクリームを食しつつ、しばし時間を潰します。

ヤホー地図で「丸池ホテルまであとどれくらいだったのかなー。」と思って調べてみるとまだ半分くらい残ってました。
ナイス判断w

先に戻って待つつもりが、しばらくすると健脚班到着!
速過ぎー!!
健脚班撮影の丸池ホテル(この時期はもうクローズしているようです)

 

いい時間になっていたので横手山ドライブインで昼食タイム

絶景を見ながら食事ができるレストランでした。
望遠鏡完備で野鳥観察もバッチリだ。

旬&ご当地感のあるタケノコ的なメニューを注文

なかのさんはカレーをチョイス
路線バス旅のえびすさん的なポジションw

 

補給を済ませたところでもう一つのメインイベントである毛無峠に向かうことに。

 

毛無峠で罠に嵌る

下りは各々のペースで走り、万座温泉で集合することにしました。

あっという間に万座温泉に到着。

 

ようやく昨年のリベンジを果たすときがやってきました!
去年のくやしい思い出が蘇る・・・

なかのさん
 渋峠よりむしろ毛無峠のほうがよかったくらいですよ^^ 
だーやま
万座温泉から先はほとんど平地でしたよー^^
タカオさん
あとちょっと走れば毛無峠だったのに~!!
ばしお
くやちぃー!!

 

しかし、ここまで来たら終わったも同然。
あとは毛無峠で楽しく記念撮影をして、温泉につかるだけです^^

アワイチ以来の勝利を確信!!

万座温泉から毛無峠に向かってスタート。

序盤からそこそこ勾配が・・
あっという間に千切れましたw

重装備のとっくんと話ながらゆるゆると向かいます。

とっくん
去年の三浦ライド以来だから結構疲れた~
ばしお
大丈夫!!こっから先は平坦で、距離も全然無いらしいでー^^

 

その後も登り勾配が続き、、30分程は走ったでしょうか・・

ばしお
全然平地ちゃうし距離もあるやんけ!!

助けて。とっくん&ばしおのライフはもうゼロよ。

ばしお
ちゃんと距離調べておけばよかった・・

長野県INの看板
もしやゴールが近いのでは。

毛無峠までの道は基本的にただの山道ですがひらけた場所からの景色はよかったです。

 

分岐でみんなが待ってくれてました^^
もうちょっとなのかな?

と、思いきや・・・・

 

ナリ さん
残念なお知らせがあります! 
タカオさん
残雪でこの先進めないんだって 
なかのさん
バイクの人がそう言い残して去っていきました 
ばしお
なんだってーー!

 

ダメ元で進むか、戻るかしばし協議していると1台のオフロードバイクが毛無峠方面に向かって行きました。
この方にすべてを託すことに!

そうこうしてるととっくんがやってきて、まったく同じくだりが繰り返されますw

一同:たぶん毛無峠行けないw

とっくん
なんだってーー!

 

20分もしないくらいでしょうか。オフロードバイクのお兄さんが戻ってきました。
色々と察しましたが、コミュ力満点たがわさんがどんな感じが聞いてくれました。

たがわさん
アウト~ !!!

 

うなだれる一同w
ヤホー地図を見るとまだ半分くらいあったぞ!毛無峠遠いぞ!!

さっさと帰って温泉タイム

万座プリンスホテルにお邪魔しました。

毛無峠に行けなかったおかげで日帰り入浴の最終受付15時に間に合ったし。
露天風呂からの景観が抜群でした!

 

帰りの渋滞に備えて万座鹿沢口近くの食堂で夕食タイム
ソフトドリンク200円は良心的だ!


 

帰りはGWなのに鬼押しハイウェイの料金所がワンオペだったり、安定の関越道 高坂付近で渋滞があったりしましたが意外や早く東京に着きました。
たぶん5時間くらい?

しかし風呂→メシのコンボで記憶が曖昧w
事故なく着いたのでよしとしましょう!

皆さま、お疲れ様でした~

そして毛無峠の絶景を目にする日はくるのだろうか・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です